剃ると太くなる?脱毛に関する間違えた知識

無駄毛の処理方法について

大人の女性はもちろん、男性でも気になる無駄毛ですが、処理の方法には大きく分けて2通りあります。
一般的と言えるのは、コンビニなどで購入できるカミソリやシェーバー、トリマーといったものを使って無駄毛を剃る方法で、時間をかけずにできるメリットがあります。もう一つは、ピンセットやテープなどを使用して毛を抜く方法、いわゆる脱毛であり、時間がかかるものの、抜いた毛はしばらく生えてこないメリットがあります。いずれの方法も処理を間違えると、毛穴や皮膚を傷付けるデメリットがあるため、皮膚のアフターケアは必要不可欠です。中でも、毛を剃る方法は刃物を使用して無駄毛を処理を行うため、肌に関係するトラブルが発生しやすくなります。

間違った剃毛の方法とトラブル

よく毛を剃った後に、以前より毛が太くなる、濃くなるということが言われていますが、そういったトラブルの大半が剃り方によるものです。
間違った剃り方として挙げられるのが、肌のケアをせずにいきなり剃ることであり、これをから剃りと言います。肌を外敵から守る器官としての毛は、肌に大きな傷がついたなどの理由で守ろうとするため、結果として毛が太くなったり、濃くなるのです。他には、毛の流れと反対に剃る逆剃り、肌にカミソリを押し付けて剃る深剃りが挙げられます。それ以外のトラブルでは、肌荒れや乾燥、出血といったものが考えられ、これらも毛が太くなる原因となります。こうしたトラブルを防ぐには、シェービングクリームなどで肌の滑りを良くしてから剃り、完了後に肌の保湿を行うことが重要です。

脱毛のキャンペーンを利用することで安く脱毛することが出来ます。初めての脱毛で不安な方にも挑戦しやすくなっています。